女性に不足しがちな栄養素「鉄分」

女性は妊娠・授乳期や月経などで鉄分が不足しがちになります。
鉄分は吸収率も低く
普通の食品からは必要量を摂取する事が難しく
欠乏しやすいミネラルの一つです。
健康維持の為にも鉄分を積極的に摂取していくように心掛けましょう。

鉄分は体内で様々な役割を果たしてくれています。
全身に流れている血液は鉄分が多く含まれ
血中の鉄分が不足すると酸素が十分に運べくなり
さまざまなトラブルが現れます。
血中の鉄分が不足すると体内の肝臓鉄から不足が補われます。
ですので肝臓鉄から血中へ鉄分が補充できなくなった時に貧血がおこります。
鉄分はカルシウムと並んで不足しがちな栄養素となります。

鉄分の不足を防ぐために派食生活を改善していくようにしましょう。
特に女性の方は重要になります。
ダイエット中の方も注意が必要です
カロリー調整と同時に鉄分まで不足してしまう為です。
朝食を抜く不規則な食生活の方、好き嫌いが激しい方も注意して下さい。
鉄の必要摂取量は成人男性で一日当たり10mg、女性で12mgトナリマス。
妊娠中、授乳中の女性は鉄分の消費が激しく20rとなります。

主に鉄分は肉、魚介類、野菜など様々な食品に含まれていますが
その含有量は非常に少なく吸収率も悪い為にきちんと食べないと不足してしまいます。

食事だけでの摂取が難しいと感じる方は
サプリメントなどで摂取していく事をオススメ致します。

ビタミンB1が起こす効果漢方成分豊富なサプリメント成分