ビタミンB6が起こす効果

ビタミンB6は健康な体と心を作るのに力を発揮する栄養素になります。
特に女性にとってビタミンB6は
月経前のイライラや下腹部の痛みを抑える効果もあります。
そしてお肌のトラブルにも大活躍してくれます。
ニキビ予防に加えて脂肪やたんぱく質を分解しエネルギーに変えてくれるために
余分な脂肪も付きにくくなるのが特徴です。
どうですか?まるで魔法の薬のようなビタミンB6。

逆にビタミンB6が不足してしまうと
口内炎、湿疹、脳波異常、食欲不振、免疫力低下などがあります。
一般的には不足しにくい栄養素と言われていますが、
抗生物質、抗結核剤を服用している方は
ビタミンB6を妨害する働きがるので
インフルエンザや風邪を引いて薬を服用している場合は要注意です。

ですので風邪、インフルエンザなど体調を崩して薬を服用している際は
ビタミンB6を多く含む食べ物を積極的に摂取していくよう心掛けましょう。

ビタミンB6を含む主な食べ物としては
まぐろ、牛レバー、かつお、にんにく、ピスタチオ、ゴマ、ささみ、鶏レバー、大豆
などが挙げられます。
特ににんにくやピスタチオはビタミンB6を多く含みますのでオススメです。
また光に対して不安定ですので食品を購入した際は
すぐに冷蔵庫や冷暗所にしまいこむようにしていきましょう。

最初に摂取すべきサプリメントビタミンB1が起こす効果