伝統の民間薬!トンカットアリ

皆さんは、トンカットアリという最近人気のサプリメントを知っていますか?

トンカットアリというのは、インドネシアおよびマレーシアにある
熱帯地方の林の奥に存在する常緑低木であり、現地に住む人達からは、
古来より植物としても貴重な成分として、使用されてきました。

トンカットアリという名前ですが、これは"アリのステッキ"の意味を持ちます。
つまり、それは男性器を現わしたものであり、現地では解熱剤の効果を持つ成分として
マラリアに効果的な治療薬という事で、古来より使われてきました。

このトンカットアリですが、現地のマレーシアにおいて、それは有名と言える
伝統的なマレー民間薬という位置付けで、現地の街頭香具師あるいはマレー薬店により、
売られておりました。

さて、ではこれまでは何故、このトンカットアリという
成分の言葉を聞く事が無かったのでしょうか?

それは、世界でも注目を集めてきたのが、ここ10年ぐらいの間である
と言われているからです。

このトンカットアリをサプリメントなどの商品化の運びとなり、
それに合わせて、バイアグラのブームもあやかり、
このトンカットアリは人気となったようです。

伝統の民間薬の効能が見直された点が大きいですね!